【成分は安全?】マナラホットクレンジングゲルの全成分を徹底追求!

 

全体の91.3%が美容成分でできているマナラホットクレンジングゲル。

 

口コミブログなどでは「クレンジングに美容成分なんて必要ないんじゃないの?水で洗ったら全部流れちゃうし!」などという意見も見られますが、「何事も、ないよりはあった方がいいのでは?あって困るものでもないし!」という意見にも一理はあると思いませんか?

 

美容成分も全部が全部流れ落ちてしまうわけではないかもしれませんし、美容成分が配合されていることで「マナラホットクレンジングゲルは肌に優しい!」っていうイメージがあります。

 

私が実際にマナラホットクレンジングゲルを使ってみて感じたのも、「ほかのホットクレンジングに比べて洗い上がりがしっとりしていて突っ張らない!」ということでした。洗顔後の肌が柔らかくてモチモチした感触なんです。

 

これってやっぱり美容成分のおかげでしょうか?

 

マナラホットクレンジングゲルに配合されているすべての成分について、効果や危険性を調べてみました!

 

マナラホットクレンジングゲルの全成分の効果を徹底解説!

 

マナラホットクレンジングゲルは全部で65種類もの成分で作られています。
配合されている成分の多さにびっくりです!

 

この65種類の成分について、一つ一つどんな効果があるのかを解説し、表にまとめました!

 

成分名

効果・効能

配合目的

グリセリン 肌の表面を保湿し、うるおいを与えます。グリセリンは気温や空気中の湿度で温かくなるため、ホットクレンジングの温熱成分として配合されています。 温熱成分、保湿成分
トリエチルヘキサノイン ベタつきがなく肌になじみやすい油性エモリエント成分です。表面で油膜を作って肌を保湿します。 エモリエント成分
オリーブ果実油 優れた水分保持効果があり、肌を柔らかくします。 エモリエント成分
ラウリン酸PEG-9グリセリル 非イオン型の界面活性剤です。化粧品を乳化させるために用いられます。 乳化剤、界面活性剤
ステアリン酸グリセリル 大豆などの植物性油脂とグリセリンをエステル化して作られる界面活性剤です。安全性が高く、保湿効果があり、肌にうるおいを与えます。 乳化剤、界面活性剤
(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10 乳化剤として化粧品を安定させるほか、皮膚を柔らかくする効果があります。 乳化剤
フウチョウソウ葉エキス マナラが日本で初採用した毛穴ケア成分・ケアナリアとして有名です。抗アクネ作用により肌の善玉皮脂を働き安くすると同時に、毛穴を引き締めます。 抗アクネ剤
アーチチョーク葉エキス アーチチョークの葉から摂れる成分で、肌あれを防ぎ毛穴の黒ずみをキレイにします。 肌あれ改善、皮膚収れん効果
メドウフォーム油 メドウフォームの種子から抽出されるオイルです。毛穴につまった汚れを浮き上がらせてキレイにします。 柔軟剤、クレンジング成分
パパイン パパイヤに多く含まれる成分で、肌の角質を柔らかくし、肌細胞を活性化する効果があります。 角層柔軟成分
プロテアーゼ タンパク質を分解する酵素です。毛穴につまった古い角質を剥がしやすくしてキレイにします。 角層柔軟成分、クレンジング成分
α-アルブチン 「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンと似た分子構造を持ち、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制します。 美白成分
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 安定性の高い油溶性ビタミンCの1種で、油分の多い化粧品にも配合できる美白成分として知られています。 美白成分
加水分解コラーゲン 加水分解することでコラーゲンの分子を小さくして、浸透力を高めた成分です。保湿効果に優れ、表面に皮膜を作って肌を保護します。 保湿成分
マンダリンオレンジ果皮エキス マンダリンオレンジの果皮から採れるエキスです。保湿作用や肌を明るく透明にする作用があります。化粧品の弱めの香りづけにも用いられます。 保湿成分
ラウリン酸ポリグリセリル-10 洗浄作用を持つ非イオン系界面活性剤です。安全性が高く敏感肌用の化粧品にも用いられています。 クレンジング成分、界面活性剤、乳化剤
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム ヒアルロン酸に+の電気を持たせた成分です。増粘剤として洗顔料に用いられます。 増粘剤
ヒアルロン酸Na 強力な水分保持効果があることから、保湿成分としてさまざまな化粧品に配合されています。 保湿成分
グルコノバクター/ハチミツ発酵液 ハチミツをグルコノバクターという細菌で発酵させて作ったエキスです。保湿効果、肌のピーリング効果があります。 保湿成分
ユズ果実エキス ビタミンCが豊富で、保湿作用や血行促進作用、角質剥離作用があります。 保湿成分、クレンジング成分
チャ葉エキス チャの葉からとれるエキスで、ビタミンCやタンニンを多く含みます。肌を引き締める効果や消炎効果があります。 皮膚収れん効果、酸化防止剤
セレブロシド 天然セラミドの一種で、角質の水分保持や肌のキメを整えるために用いられます。 エモリエント成分
オウゴン根エキス フラボノイドやステロイド、バイカリンを含み、保湿効果や消炎効果があります。 保湿成分、消炎成分
ノイバラ果実エキス 糖類やビタミン、リコピンなどを含み、肌の美白や保湿、肌あれ防止に役立ちます。 保湿成分、美白成分、消炎成分
ローヤルゼリーエキス ミツバチが女王蜂の餌として分泌する栄養豊富な成分です。保湿効果や肌細胞を活性化する効果があります。 保湿成分、抗菌剤
メマツヨイグサ種子エキス ポリフェノールを多く含み、高い抗酸化力があることが知られています。抗炎症作用、美白効果があります。 美白成分、抗酸化成分、抗炎症成分
セイヨウトチノキ種子エキス ビタミンやタンニン、エスシンを含み、抗炎症作用や血行促進作用、皮膚収れん作用があります。 抗炎症成分
ヘマトコッカスプルビアリス油 ヘマトコッカスという海藻から採れるオイルです。アスタキサンチンの働きによって、抗酸化作用や抗炎症作用が期待できます。 抗酸化成分、抗炎症成分
ダイズ種子エキス 大豆の種子から抽出されるエキスです。保湿作用や美白作用、抗炎症作用があります。 保湿成分、美白成分
プエラリアミリフィカ根エキス 大豆の40倍のイソフラボンを含むマメ科植物のプエラリアの根から採れるエキスです。しわやたるみの改善に効果を発揮します。 女性ホルモン様作用
アスコルビン酸Na ビタミンC誘導体の1種で、吸収性に優れています。メラニンの生成を抑制してシミ・ソバカスを防ぐ効果があります。 美白成分
ザクロ果実エキス ビタミンCやミネラルを多く含み、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進する効果があります。 抗酸化成分
ハチミツ 保湿効果が高く、肌をしなやかにする効果があります。 保湿成分
オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル 肌を柔らかくする効果があるほか、皮膚にフタをする閉塞剤として用いられます。 閉塞剤
スクワラン サメの肝油などから作られるオイルです。肌なじみがよくベタつかない保湿成分です。 保湿成分
ニンジン根エキス ビタミンAや糖類、サポニンを含んでいます。保湿作用や血行促進作用があり、肌の健康を維持するために働きます。 保湿成分
オプンチアフィクスインジカ茎エキス オプンチアフィクスと呼ばれるサボテンの茎から採れる成分です。保湿効果や紫外線から肌を守る効果があります。 保湿成分、消炎成分
ミツロウ ミツバチの巣から採れるロウ分を精製したものです。オイル成分と一緒に配合することで化粧品の感触を調整します。 乳化剤
ダイズ油 大豆の種子から作られるオイルです。肌になじみやすく乾燥を防ぐ効果があります。 エモリエント成分
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 肌を柔らかくし、化粧品を安定させる働きがあります。 エモリエント成分、乳化剤
DPG 保湿力がありベタつきがなく、肌をしっとりさせます。化粧品の感触を良くするほか、製品の保存性を高めるために用いられます。。 保湿成分、保存料、柔軟剤
ポリグルタミン酸 納豆の糸に含まれる天然成分で、ヒアルロン酸Naと同じくらいの保湿力があると言われています。 保湿成分
アルギン酸Na 昆布などに含まれる天然のぬめり成分です。化粧品の粘度を高める目的で配合されます。 増粘剤
シアノコバラミン 水溶性ビタミンBの1種です。皮膚の血行を促進し、肌を健やかに保ちます。 皮膚コンディショニング剤
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 皮膚刺激が少なく、さまざまな油剤に対して乳化力を持っています。 エモリエント成分、クレンジング成分、界面活性剤、乳化剤
ステアリン酸PEG-5グリセリル ステアリン酸グリセリルの親水性を高めた乳化剤です。 乳化剤
ステアリン酸PEG-15グリセリル ステアリン酸グリセリルの親水性を高めた乳化剤です。 乳化剤
加水分解酵母エキス 酵母菌を加水分解してできるエキスです。保湿作用に優れ、傷ついた皮膚細胞を修復する働きがあります。 保湿成分
ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース 植物由来の乳化剤です。 エモリエント成分、乳化剤
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー 化粧品の粘度を高めるために用いられます。 乳化剤、増粘剤
クエン酸 クエン酸Naと一緒に配合することで、化粧品のpHを調整します。 pH調整剤、キレート剤
クエン酸Na クエン酸と一緒に配合することで、化粧品のpHを調整します。 pH調整剤、キレート剤
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K ビタミンCとビタミンEをリン酸で結合させたカリウム塩です。肌の保湿や抗酸化作用に優れているほか、アクネ菌の増殖を予防する働きがあります。 保湿成分、抗酸化成分
トコフェロール 天然ビタミンEとも呼ばれ、強い抗酸化作用があります。化粧品の酸化を防ぐためにも用いられます。 抗酸化成分、酸化防止剤
イソステアリン酸ソルビタン 化粧品の感触を良くしたり、成分を安定させるために用いられます。 乳化剤
リン酸 化粧品のpHを調整するために使います。 pH調整剤
BG 水分を吸収する性質があり、肌を乾燥から守ります。化粧品の保存料としても用いられます。 保湿成分、保存料
ポリソルベート60 水分と油分の間に入って乳化させる働きがあります。 界面活性剤、乳化剤
ペンチレングリコール 保湿効果以外に、化粧品の保存性を高める働きがあります。 保湿剤、保存料
リン酸Na 化粧品のpHを調整するために使います。 pH調整剤
PEG60-水添ヒマシ油 ヒマシ油からとれる乳化剤です。香料やオイル成分を化粧品に配合するときに用いられます。 界面活性剤、乳化剤
リモネン 柑橘系の香りがし、マンダリン油やネロリー油の調合に用いられます。 香料
精製水のことです。 水分
フェノキシエタノール パラベンよりも安全性の高い防腐剤としてさまざまな化粧品に用いられています。 防腐剤

 

あまりにも成分の数が多くてどの成分がどんな目的で配合されているのかわかりにくいのですが、主な用途は次の6つです。

 

  1. 温熱成分…グリセリン
  2. 保湿成分やエモリエント成分…加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naなど
  3. 美白成分や肌あれ改善などの美容成分…α-アルブチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど
  4. 皮脂や古い角質などの汚れを落とすクレンジング成分…メドウフォーム油、プロテアーゼなど
  5. 防腐剤や酸化防止剤、乳化剤、香料などの品質保持成分…フェノキシエタノール、クエン酸など
  6. 化粧品の基剤として用いられる成分…水

改めてマナラホットクレンジングゲルの成分を表で見てみると、保湿成分とエモリエント成分が多いことがわかりますよね。

 

65種類のうち27種類の成分に、保湿効果またはエモリエント効果があります。
洗顔後の肌がしっとりうるおう理由は保湿成分の多さにあるようです。

 

マナラホットクレンジングゲルにはほかにも美容成分が配合されている!

さらに、マナラホットクレンジングゲルにはα-アルブチンやテトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど、美白化粧品の主成分になるような美白成分も配合されています。

 

美白成分だけでなく肌あれ防止成分や抗酸化作用を持つ成分なども配合されていて、まるでエイジングケア化粧品の成分表示を見ているみたいです!

 

さらに特徴的なのが、ケアナリアことフウチョウソウ葉エキスです。ケアナリアはフランス発祥の毛穴ケア成分。なんと、このケアナリアを化粧品原材料として採用したのは日本国内でマナラが初めてなんです。

 

ケアナリアは善玉皮脂を活性化させて、ニキビの原因となる悪玉皮脂を増やさないようにする効果があります。

 

これらの成分がクレンジングに配合されていることでどれくらい美容効果が期待できるのかは疑問ですが、ここはやはり「ないよりはあった方がいい!」の精神ですね♪

 

もちろん、古い角質や皮脂を剥がしやすくするクレンジング成分もしっかり配合されています!

 

マナラホットクレンジングゲルの成分に危険なものはない?

 

美容成分がたくさん配合されているのはいいことですが、同時に気になるのが界面活性剤などの美容成分以外の成分の多さです。

 

界面活性剤や保存料、防腐剤などは主に化粧品の品質を維持するために使われている成分ですが、肌に負担をかけるイメージがあります。

 

ただし、マナラホットクレンジングゲルは特に肌を刺激しやすいと言われる以下の7つの成分を使用していません。

 

マナラホットクレンジングゲル7つの無添加成分
  • 着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

この7つの無添加成分とマナラホットクレンジングゲルの全成分を解説した表を見くらべたときに、「界面活性剤を使ってるのはおかしいんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

が、界面活性剤は本来混ざりにくい水分と油分を混ぜ合わせて化粧品として製品化するために必要不可欠なものです。

 

そして、界面活性剤の中でも特に毒性が強くて肌に有害な成分と、私たちの日常生活に使われている無害なものがあるんです。

 

マナラホットクレンジングゲルは、毒性が高いと言われる石油系界面活性剤の使用を避けて、肌への負担が少なく安全性の高い非イオン界面活性剤を使用しています。安全性についてきちんと考えて作られていて、安心して使えそうですね♪

 

敏感肌の人は要注意?DPGとフェノキシエタノール

基本的に安全性が高く肌に優しいマナラホットクレンジングゲルですが、敏感肌の人には注意してほしい成分が2つあります。

 

それが、DPGとフェノキシエタノールです。
それぞれどんなところが要注意なのか説明します。

 

DPGの危険性

DPG(ジプロビレングリコール)は旧表示指定成分のPG(プロビレングリコール)を生成する過程でできる副産物です。

 

旧表示指定成分とは厚生労働省によって刺激が強いと認められ、体質によってはアレルギーを起こす怖れがある成分のことを指します。

 

DPGはPGよりも刺激が少なく安全と言えますが、肌への刺激が全くないとは言い切れないのが悩ましいところ。

 

普段からごく普通に化粧品を使える人なら気にする必要はありませんが、敏感肌の人やアレルギー体質の人は注意が必要です。

 

マナラホットクレンジングゲル使用前にパッチテストを行って、赤みやかぶれが起きないか確認した方がいいかもしれませんね!

 

フェノキシエタノールの危険性

フェノキシエタノールは防腐剤として化粧品に配合されている成分です。防腐剤と言えばパラベンが有名ですが、フェノキシエタノールは同じ濃度で比較したときにパラベンよりも刺激が少ないことから多くの化粧品に使用されるようになりました。

 

名前に「エタノール」が入っていることからアルコール成分のエタノールを連想しがちですが、エタノールとはまったく別の成分です。

 

フェノキシエタノールにはエタノールのように肌を乾燥させる副作用やDPGのようなアレルギー反応が起きる心配はありません。普通肌の人には全く問題ない成分と言えます。

 

ただし、殺菌・抗菌作用がある成分なので、肌への刺激が多少あります。
敏感肌の人はマナラホットクレンジングゲル使用前にパッチテストを行う方がいいかもしれません!

 

マナラホットクレンジングゲルの全成分まとめ!

 

マナラホットクレンジングゲルは、美容成分をたっぷり配合しているおかげで洗い上がりがしっとりさっぱりしてとても爽快です。

 

肌への刺激も極力抑えているので、普通肌の人なら安心して使えます。
特に肌への刺激や副作用が気になる人は、実際に洗顔する前にパッチテストを行うようにしましょう。

 

安全性と美容効果について考え抜いて選んだ成分を使用して作られているマナラホットクレンジングゲル。
ぜひ、試してみてくださいね!

関連ページ

【最新】マナラホットクレンジングゲルの最安値はどこ?比較まとめ!
マナラホットクレンジングゲルを初めて買う人、買うのが2回目以降の人それぞれに「最安値で買えるのはどこなのか!?」の情報をまとめてみました!
マナラホットクレンジングゲルの毛穴の開きへの効果を実体験報告!
毛穴の開きに悩む30代主婦がマナラホットクレンジングゲルの毛穴の開きへの効果を紐解きます。画像証明あり!
マナラホットクレンジングゲルの100円サンプルを無料にする方法!
マナラホットクレンジングゲル7日分をワンコインで試せる100円モニターの申込み方法や、その100円をさらに無料にする方法などをご紹介します!
マナラホットクレンジングゲルは敏感肌に危険?実際に試してみた結果!
敏感肌に悩んでいる私がマナラホットクレンジングゲルを使ってみました。果たして敏感肌でも使い続けられるクレンジング剤なのでしょうか?
マナラホットクレンジングゲルは落ちない!?実験してみた!※画像証明※
マナラホットクレンジングゲルの悪い口コミだとメイクが全然落ちないという噂があります。人の噂を信じる前に自分で実験!です。画像でお見せします!
いちご鼻を治したい!マナラホットクレンジングゲルで改善する?
マナラホットクレンジングゲルが本当にいちご鼻を改善してくれるのか調査してみた結果を報告します。
マナラホットクレンジングゲルが楽天で購入するより断然お得!それってどこ?
実は楽天よりももっとお得にマナラホットクレンジングゲルを購入する方法があります。この記事では、内緒でこっそりその情報を教えちゃいます!
【実体験】乾燥肌の人はマナラホットクレンジングゲルを使うべき!その理由とは?
乾燥肌に悩み続けて、そんなとき口コミで知ったのが「マナラホットクレンジングゲル」でした。乾燥肌に良い理由と実際試してみての感想をお伝えします。
マナラホットクレンジングゲルをアトピー肌に使うのは危険?調べてみた!
マナラホットクレンジングゲルはアトピー肌の方でも安心して使えるクレンジング剤なのかどうか調べてみました。
マナラホットクレンジングゲルでくすみ解消?購入前に体験者の話を聞け!
くすみに悩む私がマナラホットクレンジングゲルを購入してくすみへの効果を試してみた。画像付きで感想をお伝えします。
マナラホットクレンジングゲルに配合の界面活性剤は危険?プロが徹底解説!
マナラホットクレンジングゲルに配合されている界面活性剤は安全性の高いものなのでしょうか?スキンケアマイスターの資格を持つ私がお答えします!

このページの先頭へ戻る